[活動報告] TechCrunch Japanに翻訳ライターとして参加させていただきます

投稿者: | 2016年3月30日

 

この度、TechCrunch Japanに翻訳ライターとして参加させていただけることになりました。

私もファンの一人である「TechCrunch」で、興味分野であるテクノロジー、スタートアップに関する記事の翻訳ということで、とても嬉しいです!

これまでに3記事の翻訳をさせていただいています。翻訳した記事はコチラです。

①Facebookの「Messenger Bot Store」が、App Store以来の大革命となるかもしれない

これが最初に翻訳させていただいた記事です。内容が素晴らしく、翻訳中もわくわくしながら記事を楽しんでました。素晴らしい内容を殺してしまわないように、気を付けて翻訳させていただきました。

Sponsored Link

②機械学習は、どのように実際のビジネスで活用されているのか

次に翻訳させていただいたのは、機械学習がビジネスの現場でどのように活用されているのかという記事でした。「機械学習」はテクノロジーの分野でも特に興味があり、この記事も楽しみながら翻訳できました。

「機械学習」という名前だけは聞いたことがあるが、実際にどう私たちの生活を変えているのか。そんな事を教えてくれるいい記事です。

③Y Combinatorデモデイ登壇120社を全部まるっとご紹介

最後は、スタートアップの登竜門であるY Combinator Demo Dayに登場したスタートアップの紹介記事です。2日間に渡り開催されたイベントですが、私はDay1に登場したスタートアップ60社を担当させていただきました。

かなりの文章量ではありましたが、記事に登場するスタートアップの紹介文に毎回「へー!!おもしろい!」と独り言をつぶやきながら翻訳していました(笑)

 

先日報告させていただいた「Shopping Tribe」様をはじめ、興味分野での仕事が増えてきていて嬉しいかぎりです。これからもたくさん勉強させていただきながら、質の高い記事を読者の皆様にお届けできるよう、頑張っていきます。

Sponsored Link

 


The following two tabs change content below.

木村 拓哉

1991年、愛知県生まれ。カナダを拠点にフリーライター/翻訳家として活動。このブログでは自分の興味関心ごとをマイペースに更新していきます。ベンチャー企業、テクノロジー、WEBサービス、働き方など。自身が運営するWEBマガジン「CanadaLifeMagazine」ではカナダの生活情報を発信中です。詳しいプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です