「Lifepack」: ノマドや旅行者にぴったりのバックパック

投稿者: | 2016年3月9日

旅行者やノマドワーカーにぴったりのバックパック、「Lifepack」がKickstarterで注目されています。

このバックパックを作ったのは「Solgaard Design」というバンクーバー発祥のスタートアップ。僕もこのバックに一目ぼれして、支援者の一人となりました。

932af04b3a72f25f77ca26ec554fd6d6_original

Photo from Kickstarter

このバックパックを一言で表すと、「欲しい機能がすべて揃っているバック」です。

Lifepackにはパソコンやスマートフォンの電源として使える、電池パックが備え付けられています。これはソーラーパネルからの充電もできるという優れもの。長期間の旅行になると、電源が確保できない地域を旅行することもしばしば。そんな時に重宝されます。先日紹介した、AndroidとiPhone両用のLMcableと一緒に使えば、怖いものなしですね。

しかもこの電池パックは、Bluetooth接続で屋外スピーカーとしても使えます。お気に入りの景色を、お気に入りの音楽と一緒に楽しむこともできます。

バッテリー容量は、「iPhone6」を12回フル充電できる大容量なので、しばらく充電しなくても平気です。

lifepack2

lifepack1

Photos From Kickstarter

Sponsored Link

 

Lifepackには盗難防止のためのケーブルも備え付けられていて、これはカフェで仕事をするノマドワーカーには嬉しい機能。これがあれば、もうバックパックをトイレに持ち込まなくてもいいのです。しかもその先端は栓抜きになっているという、面白い仕掛けも。

lifepack4

Photo from Kickstarter

個人的に支援する決め手になったのは、このポケット。パスポートなどの貴重品をいれるポケットなのですが、わざわざバックパックを肩から外さなくても手が届く位置にあって、かつ自分側にあるので、スリの心配もありません。僕の場合、バックに財布を入れておくのが億劫で、いつもズボンのうしろポケットに財布を入れてしまいます。「危ないよなあ」と思っていましたが、このポケットにクレジットカードや現金などを入れておけば解決です。

Untitled

Photo from Kickstarter

 

この「Lifepack」の支援受付期間は、日本時間の4月29日まで。記事執筆時点で、すでに目標金額の2万ドルをゆうに超え、10万ドル以上の支援を集めています。

支援者には、今年の10月ごろに「Lifepack」が届く予定です。今から楽しみが一つ増えました。

Sponsored Link

The following two tabs change content below.

木村 拓哉

1991年、愛知県生まれ。カナダを拠点にフリーライター/翻訳家として活動。このブログでは自分の興味関心ごとをマイペースに更新していきます。ベンチャー企業、テクノロジー、WEBサービス、働き方など。自身が運営するWEBマガジン「CanadaLifeMagazine」ではカナダの生活情報を発信中です。詳しいプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です